本文へ移動

子宮頸がん(HPV)ワクチンの接種について

公開日 2022年8月23日

子宮頸がん(HPV)ワクチンは、国の勧告により平成25年6月から積極的な勧奨を差し控えておりましたが、令和3年11月に国がHPVワクチンの安全性に特段の懸念は認められないとして積極的勧奨の差し控えを終了することとしたことを受け、令和4年4月から積極的勧奨を再開しました。

≪キャッチアップ接種について≫

積極的勧奨の再開に伴い、接種勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方に対し、時限的に(令和7年3月31日まで)無料で接種(キャッチアップ接種)を行います。

接種対象者

●従来の定期接種対象者

小学6年生から高校1年生相当の女子(標準として中学校1年生)

●キャッチアップ接種の対象者

平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女性で、全3回のワクチン接種が済んでない方

※キャッチアップ対象者と令和4年度中学校3年生・高校1年生相当の女子(平成9年4月2日から平成20年4月1日生まれ)は令和7年3月31日まで無料で接種可能です。

接種費用

無料

※ただし、任意接種(接種期間が異なる場合や、定期接種の対象外である9価ワクチンの接種)については有料となります。

予診票の発送について

対象者には案内を個別に発送しています。(ただし、標準的接種年齢である中学1年生以上)

転入等で案内が届いていない方は保健センターまでご連絡ください。

実施医療機関

日之影町国民健康保険病院(☎87-2021)、高千穂町産婦人科診療所(☎82-2722)、山口医院【熊本県山都町】(☎0967-83-0506)と個別契約を行っています。

また、県内医療機関(県医師会加入)とも契約を行っています。

希望する医療機関に必ず早めに電話での事前予約を行ってください。

県外での接種を希望される方

上記以外の医療機関で接種を希望される場合は、事前に「予防接種実施依頼書」の発行が必要なため別途手続きが必要です。

下記リンク先でご確認ください。

県外の里帰り先等での定期予防接種について

HPVワクチンを自費で受けた人に対する償還払いについて

対象者は平成9年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた女子で、自費でHPVワクチンを受けた人です。

詳細は下記リンク先でご確認ください。

※ただし、17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度末日までに任意接種を受け実費を負担した分のみとなります。

子宮頸がん(HPV)ワクチンの償還払いについて

子宮頸がんとHPVワクチンについて

その他の詳細については、下記のリンク先からご確認ください。

宮崎県庁ホームページ

子宮頸がんとHPVワクチンについて

 

お問い合わせ

保健センター
TEL:(0982)73-7533
FAX:(0982)73-7543

このページの
先頭へ戻る